二重まぶたQ&A 手術編

手術の時間はどれくらいですか?

両まぶたの手術で、埋没法で15分位、切開法で1時間位かかります。

縫った糸はどうなりますか?

切開法では、後日抜糸をします。埋没法では、糸はまぶたの中に残ったままになります。“溶ける糸”は癖がつく前に溶けてしまうので使用しませんが、問題はありません。

埋没法で縫った糸は見えませんか?

糸は見えません。術後しばらくは、糸を結んだところが少し凹んでいますが、時間が経つと無くなり、目をつぶっても何の痕も残らないようになります。

どんな麻酔法ですか?

まぶたを注射で麻酔する局所麻酔です。埋没法では1cc程度の麻酔の量で、注射器もマイジェクターという針の細いものを使用します。あくまで“まぶた”の手術なので眼球には触りませんが、点眼(目薬)で表面だけに麻酔をかけます。

とても怖がりなのですが、全身麻酔で手術をしてもらえませんか?

麻酔の免許(麻酔科標榜医)があり、全身麻酔の経験も多いのですが、二重まぶたの手術で全身麻酔をしたことはありません。最適の麻酔法は手術によって異なっており、二重まぶたの手術で全身麻酔は必要ありません。全身麻酔を希望する人はいますが、断っています。

腫れを少なくすることは可能ですか?

腫れを少なくすることは可能です。例えば、留めるのを1箇所にして糸を緩く結ぶと、腫れは軽くなります。ただし癖をつける力も弱まるため、元に戻りやすくなるのが実情です。ほとんど癖がついていて時々一重まぶたになる人や、どうしても腫れたら困る場合には、この方法でもよいかもしれません。