二重まぶた手術の特徴 切開法編

切開法とは

切開法はまぶたのタルミ部分を切除し、取り去る手術法です。切開法と埋没法のどちらが優れているとも言えませんが、患者さんそれぞれに合わせて、手術法は使い分けられています。

切開法の長所と短所

長 所
ほとんど戻らない。
タルミや脂肪を取ることができる。
短 所
術後の腫れが大きい。
ほとんど分からないが、傷ができる。
1週間後の抜糸まで、目の周りの洗顔・化粧ができない。
簡単には元に戻したり、二重の形を変更したりできない。

まぶたのタルミ取りも可能

illust_04

二重まぶたの手術は目の上のタルミ取り手術にもなります。タルミが軽度の場合は、埋没法で二重まぶたの幅を広げることにより、タルミを解消することもできますが、タルミがひどい場合は、切開法でタルミ部分を取ってしまいます。

どちらが良いかは実際に診ないと何とも言えません。もちろん、埋没法で二重の幅を広げて、後でもっとタルミの出た時に切開法をする事も出来ます。
手術する方としてはその方がデザインし易いです。